Office Tourオフィスツアー

オートリブを代表する2つの事業所を紹介します。
生産・先行開発の拠点となる筑波事業所と、量産開発を中心に行うジャパンテクニカルセンターつくばの
最寄り駅から食堂まで、さまざまな場所を紹介します。

  • 土浦駅前

    東京駅から特急で約50分のところに当社の筑波事業所にアクセスする拠点駅の土浦駅があります。琵琶湖に次いで日本で2番目に面積の広い湖である霞ヶ浦の湖畔に位置し、江戸時代には城下町になっていたので、豊かな自然風景と随所に歴史的な街並みが広がっています。総延長180kmのサイクリングロードの発着地点が駅構内にあり、最近では有名リゾートホテルの進出してきた、賑わいのある街です。東京の1Rの家賃で2LDKの賃貸が借りられるのも魅力です。

    筑波事業所外観

    かすみがうら市にある当社の筑波事業所です。主に先行開発、実験評価、試作部門などの開発部門と、工場ラインのスタッフなど製造部門を中心に約1000人の従業員が勤務している当社で最も大きな事業所になります。エアバッグ、シートベルトの製造工場と、衝突試験装置などの実験評価施設及び試作品を製作するための設備などがあります。

    筑波事業所ロビー

    こちらが、筑波事業所のロビーです。来客時の打ち合わせスペースや、会議室なども併設されております。

    筑波事業所会議室

    こちらは主に来客時に使用する会議室です。筑波事業所には大小合わせて30近い会議室があり、用途に合わせて使うことができます。

    筑波事業所休憩スペース

    ちょっとした休憩や、コーヒーブレイクなどリフレッシュできる空間になっています。自動販売機の種類が豊富で、通常のペットボトルなどの販売はもちろん、豆から挽くコーヒーの販売機や、アイスクリーム、軽食などが購入できる販売機もあります。

    筑波事業所食堂

    日替わりの定食、丼や、カレー、麺類など5種類のメニューから選べる食堂です。写真はコロナ禍当時に撮影したものでお弁当になっていますが、通常時はここでトレーを持って配膳を受けます。また他にもパンの販売と地元のお弁当屋さんによる日替わり弁当の販売があります。お昼の選択肢はとても多く、価格も200円~300円と、とてもリーズナブルです。

  • つくば駅前

    秋葉原から、鉄道で約40分に位置する街で、2015年のつくばエクスプレス開業以来、5年連続人口増加率に上位ランキング入りしている活気ある街です。筑波山をはじめ豊かな自然環境がある中で、ショッピングモールなどの商業施設も付近にあり、とても暮らしやすい環境です。後方に見える、壁面がレンガのデザインになっている特徴的なビルが当社のテクニカルセンターです。

    ジャパンテクニカルセンターつくば外観

    2019年2月に、主に設計の部門を、筑波事業所からこちらのビルに移転しました。駅の目の前にありながら、車通勤も可能で通勤の利便性が向上しました。外観に目立つロゴもあり、特徴的なデザインのビルなので、つくば周辺の当社の認知度向上にもつながっています。

    ジャパンテクニカルセンターつくばロビー

    ビルの4階が当社のロビーになっています。打ち合わせスペースと、会議室があり、来客時の対応や、面接などもここのフロアで実施しています。天気の良い日は外からの光量が多く入り、とても明るいオフィスです。また筑波山なども眺望することができます。

    ジャパンテクニカルセンターつくばオフィス

    5階から7階がオフィスになっています。設計部門の従業員を中心におよそ300人がこちらのオフィスで勤務しています。残念ながら機密の関係で中をお見せすることはできませんが、デスクやオフィスチェアなども新しいものが使われており、快適なオフィス環境です。

    ジャパンテクニカルセンターつくば会議室

    こちらが会議室です。
    会議室は大きく2種類あり、通常の会議室と、入社式や表彰などのセレモニーや、海外拠点の従業員を招いて発表会などを実施するちょっとしたホールのような大型の会議室があります。

    ジャパンテクニカルセンターつくば休憩スペース

    各フロアに休憩スペースが設置されており、自販機の他に、カプセルコーヒーマシンが置いてあり、1杯50円~90円で利用できます。海外のエンジニアも多いので、休憩時間には自分の英語力を高めるため、ここで海外の方と英語で談笑しながら、コーヒーブレイクしている若手社員も多いです。

    ジャパンテクニカルセンターつくば食堂

    ここが、ジャパンテクニカルセンターつくばの食堂です。毎日260円のお弁当や、200円のカレーの販売があります。また、立地がつくば駅前ということもあり、近くでケイタリングや、お弁当を買ってきて利用することもできます。

Entryエントリー